TOP  フィギュア一覧


作品名

昭和特撮ヒーロー


http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

キャラ名

ウルトラマン

ゴジラ(1964年版)
仮面ライダー(旧1号)

メーカー

ユタカ

バンダイ
バンプレスト

シリーズ

リアルプラヒーローシリーズ

ハイパーゴジラ2000
東映特撮ヒーロー アクション フィギュア&バイク

種類

可動フィギュア

全長高さ

約12cm/約10cm/約6cm

購入価格

360円/270円/920円(各税込)定価:不明/324円/不明

購入メモ

昭和を代表する特撮ヒーローを集めてみました。

どれも、それぞれのジャンルの元祖というべき作品ですね。
3点とも中古購入ですが、未開封品もありで中身は良品でした。


http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

ウルトラマンは、巨大変身ヒーローの元祖ですかね。
フィギュアに合わせて、街並み背景を作ってみました。
 


 
http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

スーツのシワも再現されていて、造形がリアルです。

背景を付けると、まさに特撮しているかのような気分。
 


 
http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

ウルトラマン独特の、前傾姿勢のファイティングポーズ。

両腕が上下に可動します。
 


 
http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

後から見たところ。
足の付け根も可動しますが、内またかがに股になるだけです。

 



http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

1964年版、モスラ対ゴジラのモデルだそうです。

色んなデザインがあるけど、このころのゴジラが一番なじみ深い。



http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

最近は、食玩フィギュアでも作りが精巧ですね。

子供のころは、似ても似つかないソフビを持っていましたが。



http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

後から見ると、シッポが長いこと。

ゴジラは、巨大モンスター(怪獣)映画の元祖でしょうか。



http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

ゴジラ対ウルトラマン。

ある意味、夢の対決ですね。



http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

初代仮面ライダー&サイクロン号。

やっぱり、ライダーが等身大変身アクションヒーローの元祖かな。



http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

ライダーのサイズは6cmくらいでかなり小さいです。

しかし、サイクロン号も割と細部がしっかり作られています。



http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

ライダーは各部が可動するので、バイクから降ろして立たせることもできます。

フォルムはいまいちだけど、雰囲気は出てます。



http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

バイクに乗せるための可動なので、決めポーズの再現までは無理でした。

そりゃ、ライダーなんからバイクに乗らないとね。


  

思い出メモ

 
この3作品で、リアルタイムでTV放送を見たのは仮面ライダーだけですね。
初期のゴジラもウルトラマンもTV再放送で見ましたが。

この3作品のオモチャといえば、当時はソフビが主流で管理人も集めてました。
けっこうな数を買った覚えがありますが、今では一つも残っていません。(ああ残念)
あとは変身ベルトやライダーカードなど、子供のころの思い出は付きませんね。

3作品ともブランド化して今でも新作が続いていますが、もう名前を冠する意味も
ないような気がしますけどね。

あえて新しいものを作るより、ブランドに頼ればそこそこ金儲けできるぞってことで
ホント、つまらない作品ばかりになりました。