TOP  フィギュア一覧


作品名

魔法少女アニメ詰合せ


http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

キャラ名
(作品名)

神崎メグ&郷ノン(魔女っ子メグちゃん)

夢野サリー(魔法使いサリー)
ルンルン・フラワー(花の子ルンルン)

キューティーハニー(キューティーハニー)

メーカー

バンダイ

シリーズ

HG 魔女っ子大作戦 DX(5種セット)

種類

無可動フィギュア

全長高さ

約6〜8cm

購入価格

1030円(税込)定価:1026円

購入メモ

中古のガシャシリーズセットです。

魔法物アニメも懐かしくていいなっと思って買ってみました。
価格は定価と同等ですが、美品だったのでよかったです。


http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

神崎メグ&郷ノン
これだけ同作品から二種チョイスされてる、東映系なら他の作品もあるのにね。
どうせなら、ノンを外してララベルを入れとけばいいのに。


 
http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

夢野サリー

魔法少女の元祖といえば、やっぱりこれかな
最初のアニメは1966年放送ですって。


 
http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

ルンルン・フラワー

残念ながら、ルンルンはあまり覚えてないんですよね。
そもそも、ルンルンってどんな魔法を使ってたっけ?


 
http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

キューティーハニー

セットなので入れましたが、これは明らかに魔法少女じゃないだろ。

ハニーはアンドロイドだし、変身は一応科学力だぞ。


  

思い出メモ

 
魔法物に限らず、70年代は女の子向けの少女アニメも多かったです。
少女アニメといっても子供のころは偏見もなく、管理人も割と好きで色々見てました。

ララベル以降はしばらく魔法物がなかったようですが、80年代のミンキーモモで
またしばらくブームが再燃しましたね。

魔法ってある意味「夢」の象徴なので、このころの少女アニメは確かに夢がありました。
どんなに矛盾してても、どんなにご都合主義な展開でも、笑って見れましたよ。