TOP  フィギュア一覧


作品名

太陽の牙 ダグラム


http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

キャラ名

コンバットアーマー ダグラム

メーカー

海洋堂

シリーズ

レガシーOFリボルテック

種類

アクションフィギュア

全長高さ

約12cm(本体のみ)

購入価格

1900円(税込)定価:4212円

購入メモ

なんでレガシーOFは初版品よりこんなに割高なんだろ。

ちょうど値下げしたタイミングで新品購入しました。
でも、これで初版品の定価と同等くらいですよ。


http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

コクピットキャノピーは開閉します。
ユンボのような操縦室、「顔」のないデザインが兵器らしさを強調してますね。
 


 
http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

アームリニアガンを構えたところ。

アクション重視のフィギュアなので、かなりスマートなフォルムです。
 


 
http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

ガンダムが宇宙戦ならダグラムは陸上戦のリアルロボット兵器の先駆けですね。
無骨なデザインの割りには意外と俊敏な動きをしてました。
 


 
http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

ターボザックを装着してリニアカノンを構えたところ。

ふくらはぎ辺りのデザインにガンダムからの流れを感じる。

 



http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

ダグラムといえば有名なこのシーン。

しかし、リボルテックの可動域でもこれが限界ですよ。
 



http://mao.sub.jp/game/smc/swl_img02.jpg

 

セピア色にすると、ちょっと雰囲気が出るかな。

兵器としての役目を終えて朽ち果てる姿は悲しく、哀愁がありました。
 


  

思い出メモ

 
ダグラムは全75話もあったそうで、テレビ東京制作だったので当時管理人の生息地には
系列局がなくて別の局で放映していました。
それで全話放送されなかったか放送時間が変わったのか、全話見た記憶がないです。

ダグラムはガンダム以上に政治色が強い物語で、当時の管理人には難しくてあまり理解
できませんでした。
この頃からロボットアニメも単純な勧善懲悪はなくなって、複雑な人間関係とか謎解き
ドラマが増えていったように感じます。